スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

WF2015冬展示フィギュア紹介④ 

 

なんとか生きています(-ω-)/ TaKaRa です。

今回は前回に引き続きWF2015冬で展示した「エリアス・エインズワース&羽鳥チセ」の

紹介をしていきます。 

_MG_1995_R.jpg

はい。 今回はチセです。

全身14ヵ所可動で色々なポーズを取れせることが出来ますよ。

_MG_2011_R.jpg

チセも例によって可動ガレージキットのさだめというか、

関節部分の塗装が剥げやすいですね。 何とかならないものか。

あとスカートも柔らか素材でなくあくまでレジンキャスト製なので、足の可動範囲も

PVC製品とかに比べて若干物足りない感じもしますが、それでも

可能な限り可動に支障が無い様調整を頑張りました。

あと悩んだのは関節の色ですね。

市販の関節は基本白、黒、肌色位しか売っていないので、腕やブーツの関節に

どうやって色を付けようか悩みました。

ラッカー塗料ではやはり関節を動かすともりもり塗装が剥げるので、

今回はホームセンターとかで売ってる「チョット塗り TOUCH UP PAINT」

なるもので塗ってみました。

DSCN3371_R_R.jpg

家具や自転車の塗装修繕用ということもあって割と塗装面が強い感じです。

難点としては色数が少ないということでしょうか。

でもまぁ白色の関節を染料で染めるよりはお手軽ですね。

とりあえず今日はこの辺で。

続きの部分は、また、次に活動限界点に達していなければUPしますので、

よろしくお願いします。

かつ限界点まで、あと321・・・ 。


スポンサーサイト

category: フィギュア制作

tb: --   cm: 1

△top

コメント

 

魔法使いの嫁のフィギュアを探していて、こちらにたどり着きました。
二年も前の記事にコメントは失礼かとも思いましたが、素敵な作品を見せていただき感動のあまりコメントせずにはおれませんでした…
1巻のオークション時をモチーフにされたフィギュアも大変美しく見蕩れましたが、可動式ならではの表現力や楽しみが写真から見て取れます…っ!!

二年前にこちらの記事を拝見していたら間違いなく購入したのに!!と大変口惜しくありますが、お写真だけでも拝見できてよかったです。
素敵なチセとエリアスを見せて頂き、ありがとうございました!!

ろぐ #- | URL | 2017/05/26 00:56 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。