スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

WF2015冬展示フィギュア紹介③ 

 

なんとか生きています(-ω-)/ TaKaRa です。

今回は前回に引き続きWF2015冬で展示した「エリアス・エインズワース&羽鳥チセ」の

紹介をしていきます。 

IMG_0655_R.jpg

はい。 エリアスです。

全身19ヵ所可動で色々なポーズを決めることが出来ます。

IMG_0668_R.jpg

まぁエリアスはこんなポーズはしないかもしれませんけどw

こんな感じのかっこよさげなポーズも取れます。

しかしPVC製品と比べるとやはり塗装が剥げやすいのであまり

ガシガシ動かせませんね。

何か良い塗装方法はないものか・・・。

IMG_06571_R.jpg


ローブの裾も腰にジョイントを仕込むことで可動出来るようにしました。

あと頭部の布と紐にも関節が付いていて可動し、首の動きを妨げないようになっています。

プロポーションイメージとかは以前制作した固定のエリアスを元にしているので、

比較的すんなりと出来ました。

ただ、やはり可動させるためにプロポーションを維持しつつ

ちゃんと可動するように関節を仕込める形状を調整したり、

可動させても不自然でない形状はどのようなものなのかと

考えたりと、単純な造形の手間以上に大変でした。

単純に固定フィギュアをバラバラにして関節を付けるだけ、という

訳にはいかないですねw

とりあえず今日はこの辺で。

続きの部分は、また、次に活動限界点に達していなければUPしますので、

よろしくお願いします。

かつ限界点まで、あと321・・・ 。


スポンサーサイト

category: フィギュア制作

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。